トライオートETFのコストを理解しよう

投稿日:

投資において、コストはとても重要です。トレードでせっかく稼いでも、トレードに掛かるコストが高ければリスクを背負ってせっかくの稼ぎも小さくなってしまいます。

ここでは、トライオートETFに掛かるコストをまとめています。

トライオートETFの売買手数料は無料でおトク!

トライオートETFの売買手数料は、完全無料の「0円」なのでいくら取引してもコストがかかりません。

売買手数料がいちいち掛かってしまうと、せっかくの利益も薄くなってしまうので、完全無料というのはありがたいですね。

トライオートETFの出金・入金手数料も無料でおトク!

トライオートETFの口座から自分の口座へ出金手数料「無料」です。

また、トライオートETF口座への入金は、インターネットバンキングを利用した「即時入金」なら「手数料無料」です。ただし、インヴァスト証券の口座に対して通常の振込をすると、利用の金融機関の手数料が掛かりますのでご注意ください。

 

トライオートETFのスプレッドは銘柄によって高い場合も・・・

トライオートETFのスプレッドとは「買値(ask)」と「売値(bid)」の価格差の事です。

下記はインヴァスト証券のマニュアル注文の画面です。

この「買値(ask)」と「売値(bid)」の価格差は「0.440」です。スプレッドはインヴァスト証券の収益になります。

スプレッドは長期的に価格の上昇を待つ方ならあまり気にならないかもしれません。しかし、デイトレーダーや狭いレンジで勝負しようと考えている方にとっては、スプレッドの広さによって損益が取れるかどうかの瀬戸際になります。スプレッドはトレードするにあたってはかなり重要なポイントになります。

銘柄によってはスプレッドの広さも異なりますので、トレードする際はスプレッドを意識して取引するように心がけてください。

 

トライオートETFの金利コスト

トライオートETFには「金利調整額」という金利コストがあります。平たく言うと、持っている建玉に対して掛かる金利のことです。

【トライオートETFの建玉に金利が掛かる仕組み】

Libor(ライボー)とは
「ライボー」とは、ロンドン市場における銀行間取引金利のこと
世界の金融機関での基準となる金利で、英国銀行協会(BBA)によって通貨ごとに短期の対銀行貸出金利(平均値)を公表

建玉に掛かる金利コストの計算式

建玉数量×ETF終値×(0.9%+Libor)×付与日数/360×円転レート(米国銘柄)

トライオートETFの金利コストはホーム画面で確認できます。アプリの場合は、スマホを横向きにすると建玉に対して掛かっている金利を見ることができます。

 

しろまめ

1989年生まれ。超絶貧乏家庭出身。反骨心が強く幼稚園児にして夢は「金持ちになること」。投資には全く縁がないと思っていたが、結婚を機に義父が投資をしていたことから、興味を持ち才能開花。趣味がお金稼ぎに。当時、日本初の仮想通貨Monaコインに注目し、人の流れを予想し10万円投資。4200万円まで膨れ上がる。現在はトライオートETF,トライオートFX、シストレ24を検証中。仮想通貨、投資信託も合わせると、総額680万円の資産を運用中。【目標:月収1600万円】【好きな言葉:自分で想像できることは、努力すれば必ず叶う/センスは持っているものではなく、みがくもの】

-目的別
-, ,

Copyright© お金を貯めるコツ-【しろまめのブログ】 , 2019 All Rights Reserved.