トライオートETFを3万円台の少額資金で始める方法(スマホアプリ版)

投稿日:

トライオートETFはたった3万円台から米国銘柄への投資を始めることができます。ここでは「トライオートETFを3万円台の少額資金で始める方法」についてまとめています。

 

step
1
トライオートETFにログインし、下部の「自動売買セレクト」アイコンをタップします

step
2
自動売買セレクトの一覧から「ナスダック100_トリプル」を選択し「カートに入れる」をタップします

step
3
下にスクロールすると数量を変更できます。トライオートETFの数量に「1」を入力します。

 

step
4
トライオートETFの推奨証拠金が3万円台になったことを確認します。注文を確定すると、自動売買を始めることができます。

 

推奨証拠金とは?

  • トライオートETFの推奨証拠金は、自動売買を利用する際の目安の金額(資金額)です。つまりトライオートETFを始める最低金額と考えて良いでしょう。
  • 計算式=必要証拠金額(5倍)×倍率(※)×口数×注文本数に期間総合最大評価損失/2を加算した金額
    ※倍率とはポジションを翌日に持ち越す際に前日終値と当日始値の乖離によるトライオートETFのロスカット(強制決済)を回避するために、過去の前日終値から当日始値の最大下落幅を算出し、トライオートETFによる損失をカバーする値
  • 必要証拠金額=建玉の維持に必要な金額。必要証拠金額はレバレッジ5倍での計算

 

トライオートETFのロスカットを理解しよう

トライオートETFのロスカット判定は「有効比率」をもとに一定時間毎に行われます。

トライオートETFロスカット計算

有効証拠金額÷必要証拠金額×100

トライオートETFは以下の有効比率を割り込んだ場合、プレアラート・アラートメールが送信されたり、ロスカットされる場合があります。

ロスカットまでの流れ

  • 有効比率が150%以下の場合、最初の警告として登録したアドレスに「プレアラートメール」が届く
  • 有効比率が120%以下の場合、2回目の警告として登録したアドレスに「アラートメール」が届く
  • 有効比率が100%以下の場合、取引時間内のすべての建玉がロスカットされる

トライオートETFは追証がありません。急激な相場変動により有効比率が下がりアラートメールが届いた場合は、トライオートETFへ即時入金を行い、ロスカットにならないよう注意してください。

 

 

 

 

しろまめ

1989年生まれ。超絶貧乏家庭出身。反骨心が強く幼稚園児にして夢は「金持ちになること」。投資には全く縁がないと思っていたが、結婚を機に義父が投資をしていたことから、興味を持ち才能開花。趣味がお金稼ぎに。当時、日本初の仮想通貨Monaコインに注目し、人の流れを予想し10万円投資。4200万円まで膨れ上がる。現在はトライオートETF,トライオートFX、シストレ24を検証中。仮想通貨、投資信託も合わせると、総額680万円の資産を運用中。【目標:月収1600万円】【好きな言葉:自分で想像できることは、努力すれば必ず叶う/センスは持っているものではなく、みがくもの】

-目的別
-, ,

Copyright© お金を貯めるコツ-【しろまめのブログ】 , 2019 All Rights Reserved.