インヴァスト証券は、トライオートETFやトライオートFX、シストレ24を提供する証券会社です。よく誤って「インバース」と言う人もいますが、正しくは「インヴァスト」です。

当サイトは「トライオートETFの特化サイト」として詳しく解説しています。

トライオートETFの公式サイトを見る

トライオートETFとは

トライオートETFには、投資のプロである証券会社が注文価格やエントリータイプを設定した「自動売買リスト(自動売買セレクト)」が用意されています。

私たちはリストから気になる自動売買を選ぶだけの簡単操作で、選んだ自動売買の収益や資金の目安が表示されます。

始める前にシミュレーションができるので投資の知識がない初心者でも安心して始めることができます。

投資には一般的な考え方として、異なる金融商品を組み合わせたポートフォリオを作り、分散投資することが求められます。

ETFを始めるのなら、異なる金融商品に分類されるFXなどと組み合わせたポートフォリオを作るのが理想ですが、自身の手持ち資金やリスクを考えてポートフォリオを作るには素人には難しく、ある程度の知識が求められます。

しかし、インヴァスト証券はトライオートETFの他にも「トライオートFX」というFXのサービスを提供しているので、複雑な注文設定やトレードの知識がなくてもETFとFXの自動売買を組み合わせることが簡単にできます。

トライオートETFとトライオートFXのポートフォリオの組み合わせに応じて、過去4年間の実績が自動で表示されるので、手持ちの運用資金に合わせた戦略が立てやすいように設計されています。

0view
トライオートETFを3万円台の少額資金で始める方法(スマホアプリ版)

トライオートETFはたった3万円台から米国銘柄への投資を始めることができます。ここでは「トライオートETFを3万円台の少額資金で始める方法」についてまとめています。   step1トライオー ...

トライオートETFの公式サイトを見る

 

トライオートETFのシミュレーション機能「コントリビュート・コンポジット」

トライオートETFは用意された「自動売買リスト(自動売買セレクト)」から気になる自動売買を選択すると「トライオートETFコントリビュート(ETFとFXの組合せはトライオートETFコンポジット)」と呼ばれる機能から自動売買のシミュレーションを見ることができます。

トライオートETFで選んだ銘柄の過去の実績から期待できる利益をグラフで一目で分かるように表示してくれます。

また、トライオートETFの他の自動売買と組み合わせたり、トライオートFXと組み合わせたり、手持ちの投資資金に合わせて数量を調整することによって変化する利益やリスクリターンも「トライオートETFコントリビュート(コンポジット)」によって自動でシミュレーションがされ、自分オリジナルのポートフォリオを誰でも簡単に組むことができるようになっています。

さらに、「トライオートETFコントリビュート(コンポジット)」では、設定された自動売買のエントリー価格や利益確定幅(決済方法)の確認や自動売買で使われている手法 (ロジック)の確認ができます。

「トライオートETFコントリビュート(コンポジット)」を確認の上、自身にあった自動売買プログラムを選ぶようにしてください。

 

トライオートETFはスマホやタブレットから手軽に資産運用ができる

トライオートETFはスマホやiPadなどのアプリにも対応しているので、通勤や隙間時間にいつでも状況のチェックや注文を出すことができます。

0view
これだけ覚えたらすぐ使える!トライオートETFアプリの使い方

トライオートETFはiPhoneやiPadからだと、アプリを使って操作するしかありません。 トライオートETFのアプリにはたくさんの機能があります。しかし、マニュアルをすべて読むには時間がかかります。 ...

トライオートETFは手軽に資産運用ができるという点で忙しいサラリーマンに人気のサービスとなっています。

その証拠にインヴァスト証券による開示情報によると、トライオートETFの利用者の半数が会社員であり、年代別では30代の方がもっとも多く利用しているという結果になっています。

トライオートETFの評判・実績について

トライオートETFの実績については、ブログ(スレ)やtwitter(ツイッター )で「為替王さん」や「セミリタイア鈴さん」、「たぱぞうさん」などの資産運用ブロガーで有名な方々も運用しており、実績を公開しています。

この方々はトライオートETFの積立投資を実践しているようなので参考にするのも良いでしょう。しかし、使い方という点では間違った考えをお持ちの方もいるので注意してください。

3view
インヴァスト証券トライオートETFの口コミを見たら分かる「損する人・得する人」の違いを徹底解説

インヴァスト証券のトライオートETFの口コミを見てみると、「大きく得した人」と「大きく損をした人」がはっきりと分かれます。 実はこれには明確な原因があり、トライオートETFで損をする人は成るべくしてな ...

また、上記の資産運用ブロガーさんは、トライオートETFとトラリピの比較やwealthnavi(ウェルスナビ)との比較を書いてたりしますので、トライオートETFを始める前に見てみるのも良いと思います。

他にもインヴァスト証券の公式ページが提供する「金の卵のおじさん」では、トライオートETFの攻略法やマニュアル、注意点などが書いていますので、一度ごらんになってください。

トライオートETFは上級者でも使える機能が充実

トライオートETFは用意された自動売買だけではなく、自分でオリジナルの自動売買設定を作ることができます。

例えば、トライオートETFの新規注文を一定のレンジ幅に置く「レンジ指定設定」が可能です。また、トライオートETFのマニュアル注文を使えば「トライオートETFの信用売り」からも入ることができます。

また、パソコン限定機能になりますが、トライオートETFには代表的な「トレンド系」と「オシレーター系」のテクニカル分析機能も備わっており、テクニカル分析の値も自由に変更することが可能となっています。

トライオートETFの取引時間について

トライオートETFの取引(稼働)時間は、日本銘柄(日経225)なら平日(月曜日から金曜日)の朝9時5分から14時55分までとなっています。

ナスダックや生活必需品などの人気米国銘柄は、平日(月曜日から金曜日)の23時55分から5時55分となっています。(サマータイム期間は22時35分から4時55分となりますので、注意してください。)

なお、トライオートETFの注文受付時間は毎週土日のメンテナンス時間を除けば、いつでも注文が可能です。

トライオートETFはいつでも停止・手動決済が可能

トライオートETFは自動売買を動かした後でも、稼働停止や手動決済がいつでも可能です。

自動売買設定は上昇トレンドの時は停止をしない限り、定められたロジックによって常に稼働し続けます。しかし、このままでは「やめたい」と思っても動き続けてしまいます。

そんな時は自動売買の左横にある「一括稼働停止/再開ボタン」を押すことで、決済後は次の注文を出さないようになります。

 

なお、「一括稼働停止/再開ボタン」を押しても、いま持っている建玉が強制決済されるわけではありません。

あくまで設定された決済幅になると決済がされ「決済後の注文を出さないだけ」なので、安心してください。

なお「トライオートETFを損切りしてでも今すぐやめたい」場合は、「一括稼働停止/再開ボタン」を押した後に評価損益の右横にある「×(バツ)ボタン」を押すことで、手動で決済することが可能です。

自動売買の一覧表示から削除する場合は、パソコンでトライオートETFにログインして、決済完了後に「金利合計」の右横にある「削除ボタン(ゴミ箱)」をクリックすると、削除することが可能です。

ご自身の考え方に合わせて使い分けてください。

0view
トライオートETFのコストを理解しよう

投資において、コストはとても重要です。トレードでせっかく稼いでも、トレードに掛かるコストが高ければリスクを背負ってせっかくの稼ぎも小さくなってしまいます。 ここでは、トライオートETFに掛かるコストを ...

トライオートETFの自動売買が動かないエラー

新規でトライオートETFの自動売買で注文しても、まれに自動売買が動かないエラーになる場合があります。

トライオートETFの自動売買が動かなかったりエラーとなった場合は、メールにて「トライオートetf 稼働停止(注文取消)のお知らせ」が届きます

 

エラーとなる原因は、前日の終値から価格が急騰または急落し、注文価格と決済価格が相場と合わなくなった時に起こります。

対処方法は、自動売買の一覧からグレーアウトした注文を開き「変更ボタン」から価格の変更を行います。

対処方法が分からない場合はサポートに問い合わせてください。

クレジットカードポイントを資金としてトライオートETFに投資できる「マネーハッチ 」

マネーハッチ とは、クレジットカードで貯まったポイントをトライオートETFの投資資金として利用できるサービスです。

マネーハッチ とトライオートETFの違いは、選べる銘柄が限定されている事と自動売買設定が固定され、利益確定幅などの変更ができない事です。

それ以外はトライオートETFと同様であるため、ポイント投資としては非常に使えるサービスとなっています。

特におすすすめなのが「レバレッジ1.2倍」を使った自動売買です。

例えば、クレジットカードの請求が月20万円だった場合、1ポイント1円なので2000円分のポイントが付与され、投資資金として利用できます。

通常なら2000円分の投資しかできませんが、レバレッジ1.2倍なら2400円分の投資ができます。

少額のポイントをレバレッジを使えば効率よく運用ができますので、ぜひトライオートETFとともにマネーハッチ も同時に運用されることをおすすめしたいと思います。

トライオートETFの口座開設

トライオートETFには特定口座、NISA口座はありません。

トライオートETFの取引による利益は雑所得として申告分離課税の対象となり、確定申告する必要があります。

口座開設の流れはこちらをご覧ください。

【共通】口座開設までの流れを教えてください。
【共通】口座開設までの流れを教えてください。

続きを見る

トライオートETFの公式サイトを見る

0view
トライオートETFの確定申告(e-tax)の書き方

トライオートETFの売買差損益および配当利益(分配相当額)は、雑所得として申告分離課税の対象となり、確定申告する必要があります。ここでは、トライオートETFの確定申告の書き方についてまとめています。 ...

Copyright© お金を貯めるコツ-【しろまめのブログ】 , 2019 All Rights Reserved.